いくら貯蓄をしたところで安心はできない。少しずつお金のなる木、収入の泉を育てよう。

お金

「LIMOくらしとお金の経済メディア」の記事より。

「1000万円貯めても不安」アラサー独身女子の底知れぬ不安感の理由とは | LIMO | くらしとお金の経済メディア
Hさんは、都内のオフィスに勤務する30歳の独身OLです。年収は350万円ほどですが、大学生時代のバイト生活から社会人になってからの数年間、ずっとコツコツとお金を貯め続け、30歳目前での貯蓄額はなんと1000万円を超えていたそう。しかしHさんは、「貯めても貯めても不安が拭えない」といいます。

1,000万円貯めても不安なアラサー女子がいるという記事がありました。

記事ではなぜ1,000万円貯蓄しても不安なのかという部分を、実際の数字を参考にして述べられています。
その中で、1,000万円の貯蓄があっても不安を感じてしまう理由として、貯蓄する理由が必要だと述べられています。

少し本文を引用させてもらうと、

「目標」の部分に、「〇〇のために」が欠けていたことが原因と考えられます。
夫婦の場合、「家族が増える」「家を買う」「子どもの進学」などの一般的に想定されるライフイベントから、「何のために」「何歳までに」いくらという貯蓄目標が立てやすいといえます。しかし、Hさんのような独身女性の場合、「結婚できるのか」「子どもを産めるのか」など、この先の将来が不透明なことが多く、金額的な「目標」はあっても、何のために貯めているのかといった「目的」がない場合が多いようです。これが「貯めても貯めても拭えない不安」に繋がっていたのかもしれません。

ということです。

確かに貯蓄するためのモチベーションとして、目標を設定することが大切です。
さらに、何のために貯蓄するのかという部分も非常に大切です。
これに関しては、著者の意見に共感します。

しかし、なぜ不安になるかという部分に関しては、違う理由があるのではないかと私は思います。

実は、記事に書かれているHさんは、1,000万円の貯蓄があっても不安である理由をこのように述べているようです。

「『リストラ』なんてことになったら、年間200万円ぐらいで質素に生活していったって、5年でなくなってしまうんです」

色々分析しなくても、Hさんがおっしゃることこそが、そのままストレートに不安な理由なのだと私は思います。

つまり、お金を足し算、引き算の関係だけで考えていてはいつまでたっても不安は拭えないということです。

収入と言う足し算、支出という引き算、イコール貯蓄、であるうちは、よほどの貯蓄額でない限り不安は拭えません。

仮に1億円あってもその不安は拭えないでしょう。

もしあなたが宝くじで1億円当選したとしましょう。
今まで得たことのないお金に当然喜ぶことでしょう。
しかし次に考えるのはその1億円をどのように使うか、ということでしょう。

もともと無いものだと考えてパーッと使う人もいれば、堅実に使う人もいると思います。
まずは家のローンを返したり、車のローンを返したり、少し贅沢したりして、残りは貯蓄に回そう、と思った時には1億円は7,000万円ほどになっているかもしれません。

人生を長い目で見た時、7,000万円の貯蓄は安心でしょうか?
恐らく、少し余裕が出来た程度で、決して安心ではないはずです。

今後仕事を辞めて一生を暮らせる金額ではないですし、何かトラブルがあった時はすぐにそのお金は減ってしまいます。
子供の教育費や進学費用、その他もろもろでお金はどんどん無くなっていきます。

要するに、大金を持ったところで、足し算と引き算の関係でしかお金を見ていなければ、増えても減る、減ったら増やさなければならないという思考は消えません。
その思考がある限り、不安は払しょくされないということです。

では何が必要なのか。

それは、得たお金が減らない、もしくは増えていくということです。
つまり、お金のなる木が必要になってくるわけです。

労働収入から抜け出す方法はお金のなる木を作ること。

いくら貯蓄があっても不安な理由は、やはりお金が減っていくこと、そしてそれを補うためには収入を得続ける必要があるという部分に不安を感じるのだと私は思います。

仮に少しでも不労所得があれば、その不安に安心材料を与えることは間違いありません。

自分でビジネスを持つことでも、資産運用することでもいいわけですが、とにかく働いたから収入を得る、使ったから支出が生まれるという、足し算と引き算の関係だけでは、いつまでも不安は拭いされないわけです。
なぜなら、働けなくなったとか、支出が多くなったとか、そのバランスが崩れた時、もしかすると常に引き算になってしまい、お金が底を尽きてしまうかもしれないからです。

しかし、少しでも自動的に収入を得る仕組みを持っていれば、つまりお金のなる木を育てていたのであれば、足し算と引き算の関係とは別に掛け算としてお金を得ることが出来るわけです。

仮に1,000万円の貯蓄があるのであれば、その資本を使って5%の利回りを得ることが出来たとすると、年間50万円の収入が自動的に生まれてくるわけです。
その50万円も資産に組み込み運用し続けると、数年後にはさらに大きな収入を得ることが出来るわけです。

こう考えてもらえれば分かりやすいと思いますが、1回だけ1億円手に入れられるのと、安定的に月20万円の収入を得られるのと、あなたはどちらが良いでしょうか?

答えは人それぞれですが、もし安定的に月20万円の収入を得られる方が良いとあなたが思ったのであれば、それはやはり足し算と引き算の世界だけでは安心できないという現れです。

実は、20万円の収入を安定的に手に入れられたとしても、1億円手に入れるためには約42年かかる計算になります。
それほどまでに、収入を得続けたいという気持ちの方が強いわけです。

だからこそ、労働収入だけではダメなわけで、貯蓄だけではだめなわけです。

自分で大きなビジネスを持つのは少し難しい場合もありますが、小さなビジネスで少額のお金を手に入れることであればそれも十分可能です。

または資産運用をするという選択をするのであれば、今で言えば年利4~5%の利益が出ることが平均的です。

貯蓄することは素晴らしいことですが、それだけではやはり安定しないのが今の時代です。

昔なら終身雇用で安定的に給与を得ることが出来、退職金も得られました。
さらには年金も間違いなく貰えましたが、その安定が崩れ去りました。

本質的には、そこを皆が理解しているからこそ、いくら貯蓄をしていても不安なのだと思います。

そうであれば、やはりビジネスにしろ、資産運用にしろ、自ら収入を生み出す泉を作ることが大切であり、それが心の平安につながると言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました