ボーナスの使い道は貯金!長期に貯金しておくのであれば、投資に回して収入の泉を作ろう!

お金

キャリコネニュースより。

2019年夏のボーナス平均46万円 使い道トップは「貯める」理由は「安心感を持つため」「老後の生活費」
夏の賞与、貰えますか? マクロミルは5月14日、「今年の夏のボーナスの支給の有無や見込みの支給額、使い道」の調査結果を発表した。調査は4月中旬に実施。15歳~64歳の民間企業に勤める正社員の男女1000人から回答を得た。 2019年夏のボーナスを支給される予定の人は84%。支給予定のない人は16%で、いずれも2017年...

2019年夏のボーナスの平均は46万6326円で、昨年の平均の45万3521円から1万2805円増えたようです。

そしてそのボーナスの使いみちをマクロミルが調査したところ、下記のような調査結果となったようです。

以下、記事参照。

1位「預貯金」(70%)
2位「旅行」(29%)
3位「外食」(25%)
4位「ローン返済」(24%)
5位「子供の教育費」(17%)

回答を見ると、全て合わせると100%を超えるので、複数回答可のアンケートだったのだと思いますが、このアンケート結果を見てどう思われるでしょうか。

ちなみにこの結果は、昨年とほぼ同じ傾向だそうです。

私はこの調査を始めて見ましたので、正直預貯金するという人が70%も居ることに驚きました。
堅実だなと。

でも、この結果で本当にみんなが将来への不安を感じているんだということが分かります。
経済の流れという部分を無視すれば、個人的にはいい傾向なのではないかと思います。

また、預貯金する理由として、「安心感を持つため」(47%)、「老後の生活費として」(45%)、「病気・失業などもしもの時の備えとして」(32%)という回答が多かったそうです。

個人的には、ここに「投資」という回答があってもいいのではないかなと思ったのですが、その回答は少なかったのか、預貯金という回答に含まれているのか、記事には書かれていませんでした。

貯金をするということももちろん素晴らしいことですが、そのお金で投資し、新たな収入の泉を作ることも大切なのではないかというのが個人的な意見です。

銀行の金利がほぼゼロの今、貯金をしていてもお金は増えません。

本当に将来のことを考えるならば、そのお金を収入の泉に変える方が良いでしょう。

例えば、100万円を銀行に1年間預けておいた場合、金利がついたとしても数百円程度の金利がつくだけでしょう。
100万円はほぼそのままとなります。

しかし、仮に投資信託に投資した場合、平均利回りは5%程度と言われていますので、銀行預金と同じように1年間預けておけば、それだけで105万円になる計算となります。

5万円ぐらいならわざわざ難しいことしなくてもいいや、と思う人もいるかも知れませんが、
これが仮に10年預けておけばどうなるでしょうか。

1度100万円を預けて、1度も引き出さずに運用し続ければ、
預けた100万円が10年で約180万円になる計算となります。

投資には複利というものがありますから、100万円を1年預けて105万円になった場合、その利益の5万円も元本に組み込むことで、次の年は105万円に対して5%の利回りがつくことになります。
その次の年はさらに膨らんだ元本に5%の利回りがつき、さらに次の年には更に膨らんだ元本に利息がつくということになりますので、常に5%の利回りで運用し続けられると仮定すると、
預ければ預けるほど利益は雪だるま式に膨らんでいくわけです。

10年預ければ、その後毎年約8万円以上の収入の泉が出来上がるわけです。

この収入の泉を増やしていくのが投資です。

この収入の泉を複数個作っていくことで、徐々に徐々に生活が豊かになり、生活に余裕が生まれ、さらに新たな収入の泉を作り出すことが可能になります。

何かの軍資金に使う予定があったり、買う予定のものがあったりするのであれば別ですが、
将来のために貯金をしておくのであれば、長い間銀行に預けておくということですよね。
であれば、将来のためにただお金を遊ばせておくのはもったいないので、収入の泉を作ることを検討してみてもいいのではないでしょうか。

もちろん、投資内容によってそれぞれリスクはありますが、自分にあった投資方法を見つけることで、お金を遊ばせず、お金に働いてもらうことが出来ます。

将来のために貯金するのであれば、そのお金でたくさんの収入の泉を作っていくことを私はおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました