どんな才能や能力よりも、自分をコントロールする能力が一番大切である。

自己啓発

やるべきことがあるのになかなか取り掛かれない。
すぐにイライラしてしまい、人にきつく当たってしまう、あるいは起こったり怒鳴ったりしてしまう。
やめたいと思っているのに、ついつい我慢できずに手を出してしまう。
自分をコントロール出来たらどんなに良いか。
そのように思ったことは誰にでもあるのではないでしょうか。

自分をコントロールすることは、人生において非常に重要であり、コントロール出来るか出来ないかで人生は大きく変わってきます。

実はこの、自分をコントロールする能力が、何においても一番重要な能力なのかもしれません。

例え才能に溢れ、高い能力を持っていたとしても、自分をコントロールする能力を持ち合わせていなければ、ほとんど無意味になってしまうことがあります。

世の中にはやれば出来る、本気を出せば出来るという人が非常にたくさんいらっしゃいますが、
それらの人たちが本気を出しているところを、私はあまり見たことがありません。

これらの人の半数ぐらいは、出来ない言い訳としてやれば出来る、本気を出せば出来ると言っているように思いますが、あとの半数は、過去の実績から考えても本当に能力がある人なのだと思います。
しかし、自分をコントロールする能力を持ち合わせていないばかりに、いつまでたっても本気を出せないでいるわけです。
まさに宝の持ち腐れであるわけですが、このような人は非常にたくさんいらっしゃると思います。

「うさぎとかめ」という童話がありますが、まさにこれらの人はこの童話で言えばうさぎであり、能力は高いけれども自分をコントロールする能力が無く、人生というレースに負けてしまうタイプの人です。
一方、飛びぬけた才能や能力はなくとも、きちんと自分をコントロールし、着実に前に進む人は、この童話で言えばかめであり、人生というレースで勝者になれるタイプの人です。
ちなみにこの勝ち負けは、人と比べての勝ち負けではなく、あくまで自分の人生の中で勝者になるか敗者になるかという話です。

特別才能はなくとも、きちんと自分をコントロールすることが出来れば、能力を高めることも出来ます。
一方、自分をコントロールすることが出来ない人は、どんどん落ちていき、人生というレースの中で大きく遅れを取っている、という事になりかねません。
それぐらい、自分をコントロールする能力というものは、人生において重要であるわけです。

仮に、能力が開花し、ある程度の成功を収めたとしても、そこで自分をコントロール出来なくなってしまえば、奈落の底まで突き落とされることだってあります。

例えば、素晴らしい才能をお持ちのアーティストやアスリート、タレントさんであっても、先日からよくワイドショーを賑わしていたように、違法ドラッグなどによってその素晴らしい人生を台無しにしてしまうことだってあります。

何も有名人ではなくとも、私のような一般人であっても、ある程度の成功を収めたとしても、お酒におぼれてアルコール依存症になってしまったり、病気を患ってしまったりして、人生が大きく狂うことだってあります。

ある一時の浮ついた感情、あるいは怒りの感情によって、全てを失ってしまうことだってあるわけです。

以前に、

怒りを覚えない方が良いなんてことは22歳の新入社員でも分かる。しかし、55歳の課長でも実行することは難しい。

という記事を書きましたが、これこそまさに能力は関係なく、自分をコントロールすることが難しいということであります。
頭では分かっていることであっても、それを実行することが難しいわけです。

もしかすると、自分をコントロールすることさえ出来れば、人生はとても幸せなのかもしれません。
自分をコントロール出来たからと言って自分の思い通りの人生を歩めるわけではありませんが、少なくとも自分の意志通りの人生を歩めるわけですから。

自分をコントロール出来なければ、素晴らしい能力を持っているにもかかわらず、それを無駄にし、活かすことは出来ません。
それどころか、自分をコントロールするというたった一つの能力を持っていなかったばかりに、哀れな人生を送ることになることもあるわけです。
それ以外の能力に長けていたとしても、です。

自分自身をコントロールすること、これほど重要な能力はないかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました