相談に乗ってあげるべき人と相談に乗るべきではない人。

その他

この世の中悩み事が溢れていて、人の数だけ悩みがあると思う。
だから、Yahoo!知恵袋などのたくさんのQ&Aサイトがあり、それらのサイトが人気になるのだと思う。
最近はコロナの影響でさらに多くの人が悩みを抱えているかもしれない。
悩みを抱えている人がいれば親身になって相談に乗ってあげるべきだ、と言いたいところだけれど、一概にそうとも言えないと思う。
世の中には悩み相談をするフリをして、慰めてもらったり、元気をもらいたいだけの人もいるから。

もちろん、そんな人たちでも大歓迎というのであれば皆に対応してあげればいいと思うのだけれど、誰もが忙しいし、ただただ愚痴を聞いたりネガティブな話を聞くのはちょっと・・・という人も多いと思う。

そうであれば、相談に乗ってあげるべき人とそうでない人を判断することが大事だと思う。

相談に乗らない方がいい人

あまり相談に乗らない方がいいのでは?と思う人の特徴は、慰めてもらいたいだけ、元気をもらいたいだけの人。
では、どんな人がそれに当たるのかというと、具体的なアドバイスはもちろん、はじめからアドバイスを聞く気がない人。
そのような人たちは、具体的な解決法やアドバイスを受けても、はじめから実行する気がない。

これは普段の態度を見ていればすぐにわかる。

口癖は「でも」と「だって」。

でも自分には無理、だってタイミングが悪い、お金が・・・時間が・・・などと言う、「でもでもだってちゃん」であることが多い。

そのような人たちが相談をしたいと思うときは、具体的な解決法やアドバイスを求めているのではなく、慰めや癒しを求めていたり、相談相手の元気やパワー、エネルギーをもらいたいだけであることが多いと思う。

そのような人たちの相談相手になると、相変わらず「でもでもだって」を繰り返し、時間の浪費になるし、自分自身がその負のエネルギー、ネガティブな思考に疲労困憊してしまう。
ひどい場合は伝染してしまう場合があるから気を付けた方がいいと思う。
このような人たちの相談は、早めに切り上げるか、はじめから受けない方が良いと思う。

相談に乗ってあげるべき人

一方、相談に乗ってあげるべき人は、前者と違って本当に解決の糸口を探している人。
そのような人たちはポジティブであったり、建設的な人が多い。
アドバイスや解決法を前のめりの姿勢で聞いたり、もっと奥深くまで突っ込んで質問してきたりする。
普段からよく物事を考える人であり、なおかつ行動力もある人。

だから、「どうしたらいいと思う?」というような抽象的な相談ではなく、「こう考えているけどどう思う?」「こうしたらこうなるかな?」というような、前のめりの相談であることが多い。

このような人は本当に問題の解決策を探していたり、進むべき方向に悩んでいるのだと思う。
そしてその糸口を与えてあげると、きちんと考え、実行し、悩みが晴れたり問題が解決したりする。

このような悩み相談なら、決して時間の浪費にはならないし、相談している側にとっても相談に乗っている側にとっても有意義な時間となる。

もともとポジティブな人でエネルギッシュな人であるから、やはり求めているものは慰めや癒し、相手のエネルギーではなく、問題解決の糸口。
一緒に解決策を探すことで、相談される側にとっても貴重な経験となると思う。

このような人たちの相談はあまりズルズルと長時間になることも少ないから、親身になって相談に乗ってあげればいいと思う。

まとめ

要するに、相談に乗ってあげるべき人とそうでない人の判断基準は、何を求めているか。
その求めているものが何なのかは普段の態度に出ていることが多い。
相談中の会話の端々にも顕著に出る。

不思議なことに、ただ話を聞いてほしい人や元気、エネルギーが欲しい人の相談に乗っていると、本当にエネルギーを吸い取られたかのようにドッと疲れる。
解決する気のない相談に乗るのは本当に時間とエネルギーの無駄になる。

相談に乗るべきではない人の悩みとは、はじめから答えは決まっているか、解決する気がないか、本当はそんなに悩んでおらず、どうでもいいと思っているかのどれかに当てはまることが多い。

多くの人が誰かの相談に乗った後、
「結局そうするんかい!はじめから決まってたんでしょ!」
と思ったことがあると思うけれど、そういうことだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました