自分の中の常識や思考を疑うこと、これが今まで成果を変えるためのスタートボタンである。

自己啓発

人は誰でも自分の中で、これはこの方が良い、あれは当然こうだ、というようなことが決まっているとことだとでしょう。

例えば、収入は30万円以上ないと生活が出来ないとか、逆に支出は20万円に抑えようとか。
それは社長の仕事であって私の仕事ではないとか、男たるもの、女たるものとか。

しかし、そんな自分の常識や世間の常識に縛られていてはいけません。
なぜなら、その常識に縛られている限り、その常識の外に出ることは出来ないからです。

常識の範囲内の思考や行動をしていれば、当然常識の範囲内の結果しか出すことは出来ません。
皆と同じような思考、行動をしていて、自分だけ皆と違う成果が出たら、逆におかしいですよね。

もし、人と違う成果を求めたり、今までの自分と違う成果を求めるのであれば、
まずは自分の常識、思考を疑うことから始めるべきだと言えるでしょう。

行動を変えるには、あなたのあり方、つまり思考を変えるしかありません。

本当にこれでいいのか、もっと出来るのではないか、考えが甘いのではないかなど。
前述した例で言うと、30万円以上無いと生活できないのか?逆に支出は20万円が本当に適正なのかと考えてみましょう。

すると、そもそも30万円以下で生活しているどころか、資産を増やしている人もいることに気づくでしょう。
支出を20万円に抑えようという発想も、そもそも20万円という設定額はどこからきたのか。
なんとなくそれぐらいの生活をしている中で、大体20万円ぐらい使うので、それが適正だと勝手に思っているだけなのかもしれません。
本当に無駄な部分は無いのか見つめなおしてみると、意外と無駄だらけで、それだけで大きな貯蓄が出来ることも多々あるでしょう。

また、それは誰の仕事とか自分の仕事の範疇ではないとか、それは誰が決めたかというと社会の常識と、それを鵜呑みにしたあなた自身なわけです。
そうではなく、誰がとか関係なく、会社にとって良いことをする、
これがビジネスの本質でしょう。
権限というものがありますが、時にはそれさえも超える必要があるかもしれません。

そして男たるもの、女たるものという全く意味のない固定概念。
私自身、以前は世間的には亭主関白と言われる人間でした。
しかし、そのような決めつけは、自分たちの家庭の選択肢や可能性を狭めているだけだと気づいたわけです。

そこから私は大きくシフトチェンジし、今は昔以上に楽しく幸せな家庭になっていると同時に、何か家庭に問題や変化があっても臨機応変に対応することが出来ていると思っています。

そう、結局世間が作り出した常識を鵜呑みにしたり、自分自身が作り出した常識にとらわれていると、選択肢や可能性の幅を狭めることになるのです。

もっともっと自分の常識や思考を疑うことで、新たな選択肢や可能性が増え、行動が変わり、そして未来が変わっていくことでしょう。

自分の中の常識を作り出すのは自分の過去の経験です。

過去の自分という亡霊にとらわれるのはやめて、自分の常識、思考を常に疑うことで、視野が広がり、行動が変わり、いずれ人と違う成果や今までの自分と違う成果を得ることが出来るのだと私は確信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました