所得の水準と生活水準のバランスを取ることが大切。年収600万円以上も稼いでいてカツカツなどあり得ない。

お金

キャリコネニュースの記事にて。
世帯年収600万円以上でも厳しい、という人の声「毎月カツカツ。旅行なんて話題にも上がらない」
という記事がありました。

記事中には、
「毎月の収支はプラス2万円ほど。」
「世帯年収は共働きで約800万円だが、子どもが3人いるため、まったく余裕はありません。」
「貯金については、ボーナスで少しばかり出来るくらいです。」
「毎月カツカツです。旅行なんて話題にも上がらないほどです。生活の余裕なんて言葉は夢のまた夢。」
という風に、年収600万円以上稼いでいても厳しいという声があがっています。

しかし、私からすると年収600万円以上稼いでいて貯金が出来ないとか、余裕がないとか、カツカツだとか、あり得ないと思っています。

記事中には、2017年の1世帯あたり平均年収は551万6000円と書かれていますが、平均年収というものは基本的に一部の富裕層や大企業に勤める人たちがその値を大きく引き上げているだけで、本当は一般的な年収はもっと低いところにあります。
それを量ることが出来る数値が中央値というものです。
実は中央値で年収を量ると、平均を大きく下回る350万円から360万円程度であると発表されています。
つまり、この国では年収350万円から360万円の人が一番多いということです。

そう考えると、中央値よりも倍近くの年収を得ている人たちが、カツカツだと言うことはあり得ないという私の意見もお分かりいただけるのではないかと思います。
年収600万円以上稼いでいて生活がカツカツなのであれば、その半分近くである多くの人達は生きていけません。
年収600万円以上稼いでいてカツカツだと言っているこの人たちは、知らず知らずのうちに自分の生活水準を上げているわけです。
家賃、住宅ローン、車のローンや維持費、通信費など、大きな固定費をかけている可能性が非常に高いと言えます。

もちろん、いい家に住んだり、いい車に乗ったり、多少の贅沢や娯楽をすることが悪いとは言いません。
しかし、せっかく600万円以上の年収があるのに生活が厳しいということは、所得の水準と生活水準が見合っていないと言えます。
つまり、所得の水準と生活水準のバランスが取れていないわけです。
ここをしっかりと意識し、バランスを取らなければいくら稼いだところで生活は楽になりません。
このバランスを崩せばいくら稼ごうとも生活は苦しいままです。
それどころか、金額が大きいからこそ、一気に貧困に陥る可能性さえあります。
逆にバランスさえ保てば、年収300万円でも十分貯蓄もできるし、ゆとりのある生活も出来ます。

大切なのは、まず自分が何に出費をしているか、しっかりと把握することです。

年収600万円以上稼いでいるのに生活が苦しいという人は、必ずどこかに、せっかく稼いだお金を放出してしまう大きな穴が空いています。
家賃なのか、住宅ローンなのか、車の維持費なのか、教育費なのか、普段の生活費なのか、それは分かりません。
また、ここだけは贅沢したいと思うところがあるのであれば、所得の水準から考えて、贅沢するところはすれば良いと思います。
しかし、生活が苦しくなるほどなら、それはどこかのバランスが崩れていると言えます。

教育費などもあると思いますので、譲れないところは譲らなくても良いと思いますが、知らず知らずのうちに生活水準が上がっている部分が必ずあります。

これは何も年収600万円以上の人に限ったことではありません。
ラットレースに巻き込まれる人というのは、大抵所得の水準に合わせて生活費も同じように上げていく人たちです。
収入が上がったから何となく良い家に住んだり、良い車を買ったり。
しかしそれが本当に正しい支出なのかどうかを考えることが大切です。
そうでなければ、収入はたくさんあるのに、いつまでたっても楽にならないラットレースに巻き込まれてしまいます。

お金を稼ぐことは大切ですが、それと同等かそれ以上に大切なのが、お金をどう使うかであるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました