得ることだけが幸せではない。消去法で考える幸せの見つけ方。

スポンサーリンク
哲学

どうも。ニノミヤコウ(@KatsuTouch)です。

もっと幸せになりたい・・・

そう考えた時、ほとんどの人は何かを得ることを考える。

もっとお金を得よう。
素敵なパートナーを得よう。
もっと楽しい時間を得よう。

このように、もっともっとと、何かを得ようとします。
そして何かを得るために、もっと努力しようとします。

それ自体はとても素敵なことだと思う。

人間の欲求は、正しく使えば人生をより良くするための原動力となります。

しかし、幸せとは得ることばかりではありません。

今ある幸せを失わないこと、そして幸せを邪魔するものを排除することも、幸せな人生を送るためにはとても大切なことです。

この記事では、何かを得ることで感じられる幸せではなく、失わないこと、守ることで感じられる幸せにフォーカスし、どのように幸せを邪魔するものを排除すれば幸せを感じられるのかを具体的に解説します。

スポンサーリンク

幸せとは?

幸せとは何なのか?

それについては色々な意見があり、定義が固まらないものであり、正解はないけれど、私は自信を持ってこう定義づけます。

「幸せとは心が満ち足りていること。」

だから人は幸せになりたいと思ったとき、心を満たそうとして何かを得ようとします。

実際、欲しているものを手に入れた時は心が満たされるもの。
けれど、一度その欲求を満たしてしまえば、それに慣れてしまい、幸せを感じにくいもの。

例えば、素敵なパートナーを見つけることが出来た時は、それはもう幸せの絶頂。
でも、そんな最高な幸せであっても、いつしか当たり前になっていき、幸せの感情は薄れていくもの。

それは満たされた心の充足感が薄れていくからです。

充足感が薄れていけば、また新たな幸せを求めてもっと何かを得ようとする。
それはそれで大切な事なんだけれど、得ることばかりを考えていればキリがありません。

何かを得て心が満たされたとしても、いずれその充足感は薄れていき、また新たなものを得ようとする繰り返しになります。

そんな時に大切な考え方が、心の充足を邪魔する物を知り、それを排除するという考え方です。

つまり、幸せになるためにもっと得ようとするのではなく、幸せになるために障害となっているものを取り除く、あるいは心の充足を邪魔するものを取り除くことです。

新たなものを得ることも幸せになるための一つの要素であることは間違いないけれど、自分が嫌だと思うことをやらなくていいということも、今ある幸せを失わないということもまた、幸せなことなんだと気づくべきだと思う。

そうであれば、幸せになるために何かを得ようとすることも大切だけれど、幸せになるために何かを守ることもまた大切なことです。

つまり、幸せになるためにやるべきことばかりにフォーカスするのではなく、幸せになるためにやらないことにもフォーカスする必要があるわけです。

自分がやりたくないことを知る

ここで、あなたの生活を少し振り返ってほしい。

きっと多くの人は、やりたいことに費やせる時間よりも、やりたくないことに費やしている時間の方が多いと思う。

例えば、仕事に行きたくないと思っている人にとっては、それだけで24時間のうちの3分の1をやりたくないことに費やしていることになります。

その他にも、勉強や人付き合い、病院の定期検診や家事、育児など、人それぞれやりたくないことにたくさん時間を費やしていると思います。

多くの人がやりたくもないことにたくさん時間を費やしている理由は簡単で、
やりたくないけどやらなければならないからです。

仕事に行きたくないけど、仕事に行かなければ生活していけないから、仕方なく仕事に行く。
勉強はしたくないけれど、勉強しないと怒られるから、あるいは卒業出来ないから仕方なく勉強する。

このように、やりたくないけど仕方なくやっていることって多いと思います。

「やらなければならないからやる。」

これは一見、とても理にかなっているように見える。

けれど、

「やりたくないことはやらない」

この方がよほど理にかなっていると思うし、幸せに直結するように思う。

そうであれば、仕方なくやっていることに対して、本当に仕方ないのか、疑問を持ってみることが大切。

もちろん、どうしても仕方ないことはたくさんあるけれど、何でもかんでも仕方ないと思っていれば、やりたくないことばかりやらなければならない人生になってしまう。

だから、

「やりたくないことをどうすればやらなくてすむか」

という思考が大切になってきます。

どうすればやりたくないことをやらなくていいか、どうすれば今よりもっと楽になるか、どうすればもっと今より楽しいことが出来るようになるか。

特に日本人は楽をすることは悪いことだという風習があるので、あまりこのようなことを考える人は少ないけれど、これを考え抜く人と、仕方ないとあきらめてしまう人とでは、大きな差が生まれることになります。

自分が失いたくないものを知る

「足るを知る」

という言葉があります。

足るを知るとはその言葉の通り、自分はすでにたくさんの物を持っていて、満ち足りているとういう考え方。
つまり、不足しているものに目を向けるのではなく、今ある幸せに目を向けるという考え方です。

けれど、残念ながら多くの人は意識しない限りこの考え方は持ち合わせていません。

前述したように、最高の幸せを手にしていても、いつしか幸せの感情は薄れていき、それが当たり前になっていくもの。
そして当たり前の事柄にはそうそう感謝出来ないものだから、今自分が満たされていることに気づかない。

だから人は幸せになろうと思った時、得ることを真っ先に考える。

けれどよく考えてほしい。

例え望むものを手に入れられたとしても、そのために今ある幸せを失ってしまえば、幸せになるどころか不幸になることも多々あります。

お金さえあれば家族を幸せにできると考え、家族をないがしろにして仕事に打ち込んだ結果、気づけば失いたくないはずの家族も居なくなってしまったという話はよく聞きます。

そのようなことから、今ある幸せを守ることもまた幸せになるための必須事項であるということがよくわかります。

だからこそ、今自分が失いたくないものは何なのかと考えてみるといいと思う。

それを考えることで、今自分が満たされていることに気づくことが出来ると同時に、自分にとって何が大切なのか、何を守るべきなのかが見えてきます。

大切な家族と一緒に過ごす時間でもいい、仲間と過ごす時間でもいい、一人で過ごす時間でもいい、地位や名誉でもいいかもしれないし、お金でもいいかもしれない。

人それぞれ、これだけは失いたくないというものがあると思うので、それは必ずしも他人に理解されるものである必要はありません。

寝ることでも、ゲームをすることでも、パチンコにいくことでもいい。

それが自分にとって幸せなら、他人の意見はどうあれ、それを確保することはとても重要なんです。

その代わり、失いたくないものを失わないために努力する必要はあります。

でもその努力は、大きなものを手に入れるというような大それた努力ではありません。
それを失わないためにはどうすればいいか、ただそれだけを考えるだけの簡単な努力です。

自分にとって何がストレスなのかを明確にする

自分にとって何がストレスなのかを知っておくことはとても大切なことです。

自分にとって何がストレスなのかを知っていれば、単純にそれを避ければいい。

自分にとって何がストレスなのかを知らない人は、自分の限界を超えて爆発するまでストレスを溜めこみやすい。
なぜなら、自分にとってのストレスを知らないから、ストレスが溜まっていることにも気づかないことが多いからです。

何をストレスに感じるかは人によって違います。

人に指示を出されたり、口出しされることがストレスに感じる人もいれば、任せられることにプレッシャーを感じ、ストレスを感じる人もいる。
暇がストレスになる人もいれば、忙しいことがストレスになる人もいる。
体力仕事がストレスになる人もいれば、事務的な仕事がストレスになる人もいる。

まずは自分がどのようなことにストレスを感じるのかを知ることが大切です。

それが分かっていれば、自ずと自分に向いていない仕事も、自分に向いていない遊びも、自分に合わない人も見えてきます。

逆に言えば、それが分かっていれば、自分に向いている仕事も、自分に向いている遊びも、自分に合う人も見えやすくなるということです。

ストレスの原因を知り、それを避ける。

それだけで、何も得ずとも幸せを感じられるはずです。

そしてそれを知ることは、自分がやらざるべきことを知ることであり、それゆえ、同時に自然と自分がやるべきことが見えてくることになります。

まとめ

幸せとは、必ずしも何かを得ることではありません。
心が満たされていればそれで幸せなんです。

心を満たすために何かを得ようとすることが悪いわけではないし、それも幸せの一つの形としてとても大切なことだけれど、何かを得ることで得られる幸せよりも、何かを失うことで失う幸せの方が大きいことの方が多いんです。

失いたくないものを守ること、やりたくないことをやらないこと、ストレスとなることを避けること、これらは今ある幸せを失わないことであり、時間の正しい取捨選択につながります。

要するに、自分が嫌なことは堂々と避ければいい。

私たちはついつい、嫌だけれど仕方がないからやるという選択をしてしまいがちだけれど、それは安易な選択なのかもしれません。

嫌なことを避けるためにはどうすればいいかを考え抜く努力を怠っているのかもしれません。

働きたくないなら、働かないで生きていくためにはどうすればいいのか、一人の時間を失いたくないのであれば、どのようにしてその時間を確保するのかなど、失いたくないものを守ること、やりたくないことをやらないこと、ストレスとなることを避けることを考える努力が、幸せになるコツだと思います。

それが出来れば、逆説的だけれど、自分が求めている幸せな時間を「得る」ことにつながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました