ビジネスにおいて、「頼る」ことと「任せる」ことは全然違う。

ビジネス

以前にこのブログで、

会社で必要とされるのは人を育てることの出来る人、あるいは人を動かすことの出来る人である。

という記事をアップしました。

そこにも書きましたが、育てる立場に就く人間は、大抵プレイヤーとして成果を上げた人が就くことの出来るポジションであるがために、プレイヤーとしては一流でも、教育者、マネージャーとしては必ずしも一流ではありません。
それどころか、全く人を育てる能力がない人だっています。

名選手、名監督にあらず。という言葉通りです。

マネージャー、あるいはリーダーと呼ばれる人たちは、上手く部下を管理しつつ、育て上げつつ、成果を出さなければなりません。
やることはたくさんあり、当然忙しいです。

そうなるとどのようなことが起こるのかというと、
部下に頼るということが起きます。

ここで強調しておきたいのは、「頼る」ということと、「任せる」ということは全然違うということです。

任せるではなく、頼るということをしてしまうと、チームは大きく崩れてしまいかねません。

マネージャー、リーダーとしては、少なくとも担っている全ての業務を把握しておく必要があり、出来れば全ての業務を自分でも出来ることが望ましいと言えます。

しかし、リーダーは一部の仕事をやればいいだけではなく、全方位の事をしなければならないために、采配を振るい、業務を把握し、任せるということが必要になってくるわけです。
その能力を身につけることが大切になってくるわけです。

上手くいかないリーダーの典型的な例として、いつまでもプレイヤーの思考から抜け出せず、人に任せることが出来ずに自分でその仕事をやってしまう。
それではダメなわけです。

短期的に見れば、その瞬間はそれで成果が上がるし、簡単かもしれませんが、部下は育ちませんし、自分も成長しない。
それでは成果は頭打ちとなります。

一方、それではいけないからと言って、頼るということをやってしまうと、部下がどのような業務をやっているか、どこまで進んでいるか、上手くいっているのかいっていないのかが見えにくくなってしまいます。
つまり業務を把握しにくい状況に陥るわけです。

そうなると、部下から不満も出てきます。
私はこれだけのことをやっているのに評価されない、Aさんはあまり仕事をしていないのに気づいていない、そもそもあの上司より私の方が重要な仕事をしているのではないかなど。

これらは全て、業務を把握しておらず、部下に丸投げし、頼っているからこそ起こる問題であるわけです。

人によっては、この仕事は部下がやるもの、この仕事は上司がやるものだと勝手に思い込んでいる人もいます。
しかしそうではありません。

全ての業務を把握し、自分がやるべきこと、自分が出るべき場面や状況、部下に任せるもの、A君の能力やCさんに出来ること。
これら全てを把握し、采配を振るい、管理し、任せる。
任せた仕事の結果をどのようにフィードバックさせるか、そしてまたそれを把握し采配を振るう。
その中で自分は全方位を見ながら前に進んで行く。

この能力を身につけなければ、マネージャーやリーダーとしては不十分であると言えます。

プレイヤーであるうちは、何か一つの事に突出していれば良かったかもしれません。
プレイヤーも大変ですが、マネージャーやリーダーは大変なんです。
これで良しということはありません。

たまに、上に行けば楽になれると勘違いしている人が居ますが、そのような人は間違いなく潰れます。

全方位を見て、全方位の事をやらなければならない、そして部下の教育も管理もしつつ、成果も出さなければいけない。
マネージャーやリーダーの方がやるべきことも多く、学ぶことはいくらでもあります。
リーダーやマネージャーにはその覚悟と能力が無ければいけません。

そして今はプレイヤーである人も、上を目指すのであればその覚悟と能力が必要であることを事前に知っておくべきだと思います。

真のリーダーになるためには、人並み以上に学び続ける必要があるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました