転職は給料で選んではいけないの嘘。お金を持つことで広がる可能性も大きい。

転職

終身雇用制度の崩壊や、老後2000万円問題で転職を視野に入れている人は増えているようです。
それ以前に、転職率は年々増加傾向にあり、20代のうちに転職する割合は3割を超えているとか。

仕事選びは自分の人生を大きく左右するだけに非常に大切です。

転職活動をしている人のほとんどは、他の人のアドバイスを聞いたり、インターネットで転職記事を調べたりしていることでしょう。
その中で、よく言われるフレーズがあります。

それは、お金のために転職してはいけない、給料で職場を選んではいけない、というような言葉です。

仕事はやりがいで選ぶもの、あるいは人生経験を積むものであり、給料ではなく長い人生をどのように生きるかを考え選ぶべきだ、という風に言われることがあります。

しかし結論から言うと、このアドバイスは少なくとも正解ではないと思います。

確かに、そういう一面もあります。
もし自分が明確に目指すべきものがあるのであれば、それに関連する仕事を選び、経験を積むことは大切です。
しかし、そうでないのであれば、私個人的には給料で職場を選ぶことも全然ありだと思います。

なぜなら、特に若いうちの所得の差、貯蓄の差は、その後の人生にとんでもない差を生む可能性があるからです。

例えば、30歳で収入が20万円、貯蓄が0円の人と、同じく30歳で収入が40万円、貯蓄が500万円の人とで、今後歩む人生が同じだと思うでしょうか。
漠然とでも、なんとなくでも違う気がしませんか?

それは、お金があることによって経験できることが明らかに違うからです。

仕事はやりがいで選ぶもの、あるいは人生経験を積むものと言う意見は一理あると思います。
しかしお金があることによって積むことの出来る経験も非常に多いわけです。

また、以前にこのブログで述べましたが、
今持っているお金の価値は、将来もっと大きなお金になり得るわけです。

お金持ちほどお金を大切にする。その理由と思考をこっそり教えます。

お金がお金を呼ぶ、お金はお金があるところに寄ってくるとも言われるように、お金があることによって、新たなお金を呼ぶための選択肢も増えるわけです。
ビジネスのための軍資金、資産運用のための軍資金などはその典型的な例です。

一方、お金が無ければ目の前の支払いや消費に使うしかなく、貯蓄や資産運用なんて夢の世界です。
この時点でその可能性を失ってしまっているわけです。

目の前の支払いで精いっぱい、生活していくだけでやっと、今の収入では貯金なんて絶対に出来ない、というのであれば、むしろお金のために転職すべきだと私は思います。

もちろん、全ての条件を見る必要はあります。
しかし、仕事のやりがいとしても、お金を稼ぐこと自体も十分なやりがいになるのではないでしょうか。
そして経験の面でも、お金があることによって出来る経験もたくさんあります。

そして最後に、これは個人的な意見になるのですが、お金を持つことによって広がる可能性は、仕事の経験で広がる可能性よりも大きなものなのではないかと思います。

30歳で貯金0と、30歳で貯金500万円では、はっきり言ってスタート地点が違うと言えます。

給料だけで転職を決めるべきだとは言いませんが、給料もしっかり視野に入れて転職すべきだということは言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました