時は金なりではなく、時はすべてである。

スポンサーリンク
自己啓発

「Time is money~時は金なり」
という言葉がある。
有名な経営コンサルタントであり、セミナー講師であるジェームススキナー氏はこの言葉に対して、それぐらいではダメ、
「Time is everything~時はすべて」
であると言っている。

私たちはお金を欲しがったり、物を欲しがったりするけれど、それは本当の意味でお金や物が欲しいわけではないと思う。
お金や物を得ることで、嬉しいという感情や素敵な感情を得て、豊かな時間を過ごしたいのだと思う。
つまり本質は、どのような時間を過ごすことが出来るのかであって、お金や物を得ることが本質ではないのだと思う。
お金や物は幸せな時間を過ごすための手段に過ぎないのだと思う。

そうであれば、時間とは普段私たちが欲しいと思っているお金よりも物よりも大切なものであり、この時間こそ、無駄にしてはいけない最たるものだと思う。

ただダラダラと過ごすことが悪いことだとは思わないし、娯楽の時間を取ることが悪いことだとも思わないけれど、時間は有限であり、その大切な時間を何に使うのか、あるいはそれに時間を使う代わりに何をあきらめるのか、常に取捨選択を迫られているのだと思った方がいいと思う。
例えどんなことをするにしても、常に人生の時間をそぎ落としているという自覚を持った方がいいと思う。
その自覚を持つことによって、時間を大切にすることが出来る。

もし財布の中のお金が日々減っていることに気づけば、大切に使うと思う。
それと同じで、日々時間が減っていることに気づけば、大切に使うと思う。
そうすれば、無駄な人間関係に浪費する時間の勿体なさにも気づくと思う。
時間は有限であり、限りある資源だと気づいていれば、好きでもない人との付き合い、上司との飲み会、無意味な集まりほど時間を浪費することはないと思えてくるはず。
これによって、無駄な人間関係は減り、自分の周りの人間関係も良くなってくると思う。
もちろん、そうは言っても参加せざるを得ない、付き合わざるを得ない場合もあるけれど。
しかし、それらも踏まえて、取捨選択を迫られているのだと思う。

常にこういう気持ちで時間を使うのと、ただ何となく時間を過ごすのとでは大きな違いが生まれると思う。

「Time is everything~時はすべて」
人生において、時間ほど貴重なものはないと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました