とりあえず3年会社に勤めるという時代はもう終わりました。その3年は貴重な人生を3年も無駄にする。

ビジネス

citrusの記事より。

仕事を辞めたい… 悩んだときに思い出してほしい3つのこと | citrus(シトラス)
仕事で正当な評価がされなかったり、やりがいを見失ってしまったり、同僚や先輩とうまくいかなかったり、上司から理不尽なおとがめを受けたり…。仕事に行くのが辛くなること、ありませんか。頑張りすぎ、無理し過ぎで心身共に疲れ切ってしまう前に、思い出してほしいことがあります。入社したばかりなら「まずは3年働け」と言いますが、そんな...

仕事を辞めたいと思ったときに思い出してほしい3つのことという記事がありました。

石の上にも3年と言われるように、まずは3年ぐらいは働いてみるべきだとよく言われますが、そのことについて、そうとも限らないということをはじめとして、早期退職はそんなに悪いことでは無いというようなことが述べられています。

この記事に関しては私もほとんど同意見です。
是非この記事を読んで欲しいと思います。

そもそも3年くらいは働いてみるべきだという前提が私の中でちょっと違うかなと思っています。

人生のうちの3年、しかもバリバリ働いているエネルギーのあるうちの3年は貴重なものです。
それに対して、とりあえず3年は我慢するという、とりあえずという時間は無駄だと私は考えます。

もちろん、入社してすぐでは分からないこともたくさんありますし、その仕事への楽しみもすぐに見つけられるものではないかもしれません。

しかし、人間関係であったり、会社の体制であったり、その会社の生産性であったり、その他もろもろ、入社してすぐに違和感を覚えることもあります。

この記事にも書かれていますが、知名度が高く、人気のある予備校講師、林修先生は、銀行という安定したお堅い仕事を、わずか5カ月で退職されたそうです。

退職した理由は、「この銀行はいつか潰れる」と思ったからだそうです。

長く勤めればそれなりに仕事の楽しみ方も覚え、それなりに人間関係も良くなり、楽しくいい給料を得ながら働けたかもしれません。

しかし林先生は違和感があったのでしょう。
そして人生という限られた時間を、そんな会社に長くいるということで浪費したくないと思ったのではないかと思います。

このように、とりあえず3年とか、長くいなければ仕事の楽しみ方が分からないという理由でその会社に居続けることは、人生の浪費になりえるということです。

もちろん、そのように居続けることで、結果的に良かったと思えることはあるかもしれませんが、逆に言えば、結局は早く辞めておけば良かったと思う可能性もあります。
さらには、結果的に良かったと思ったとしても、実は退職していればもっと良い人生を送れていた可能性もあるわけです。

とりあえず3年という時代はもう終わりました。

その3年がどれだけ貴重なものなのか、自分自身が理解しておくべきであり、自分自身をもっと大切にする必要があります。

先日、「12年勤務して手取14万円『日本終わってますよね?』」という記事が話題になりました。
それをホリエモンが
「日本がおわってんじゃなくて『お前』がおわってんだよ」
という厳しい一言で切りつけたことが話題になりました。

12年勤務して手取14万円「日本終わってますよね?」を堀江貴文がバッサリ切る!私も便乗して意見を書いてみました。

ホリエモンの言い方はかなり厳しい言い方ですが、12年勤めてそこまで不満があるならなぜ行動しなかったのか、ということを言いたかったのだと思います。

給料が低くて不満があるなら自ら行動すればいいわけです。
その行動の一つとして、転職は有効な手段なわけです。

転職できない理由はあるかもしれませんが、12年そのままであるということは問題であるということは言えるでしょう。

それは自分の事を大切にしていないと言えますし、もっともっと自分の人生を大切にしなければなりません。

仕事は人生の一部であって、人生を良くするために取り組むことである、というのが私の持論です。

仕事のために人生を犠牲にしてはいけません。

転職とは、そのために有効な手段であり、とりあえずとか、なんとなくで勤続し続けるというのはあまり私個人的にはいいことだとは思いません。

転職ばかりをおすすめするわけではありませんが、やはり自分の人生を自分自身がもっと大切にし、その中でこの会社はダメだと思うなら、無理な勤続は不要だと思います。

もっと言うならば、それをそのまま会社に相談することもいいことだと思います。

例えば自分にはもっと給与が必要だと思った時、転職を考えることはもちろんであり、その条件に合う仕事を見つけることは大切なことでしょう。
そのまま転職してしまうのもいいのですが、お世話になった会社であれば、自分にはこれだけの給与が必要であるため、転職を考えている、と伝えることも大切なことです。

退職を盾に給与を交渉していると思われるかもしれませんが、そうではありません。
会社にとってもいきなり退職される方が困るわけです。

しかし自分の人生を考えた時に、やはりどうしてもその給料が必要であれば、その給料を得られる会社に行く必要があるわけです。
と、そのまま会社に伝えれば、会社も検討し、今より条件を良くするから残ってくれ、と言ってくるかもしれません。

つまり、このように会社に伝えることによって、会社もいきなり退職されることを防ぐことが出来、自分自身も望んでいる給与を、退職せずに得られる可能性があるわけです。

これは決して自分わがままではなく、win-winの話であると言えます。

会社に勤めることを前提として人生を過ごしていれば、会社に依存してしまうことになるでしょう。
しかし、自分の人生をしっかり大切に考えていれば、転職と言う選択肢も出てくるでしょうし、それを会社に伝えて待遇を良くするという選択肢も出てくるでしょう。

いずれにしても、自分が今の待遇を変えようと行動することで待遇が変わるわけです。

転職はそのための有効なひとつの方法であるわけですが、自分の環境を変えるのはやはり自分自身でしかありません。

転職を勧めるわけではありませんが、とりあえずとか、なんとなくで会社に依存するよりも、自分の人生に責任をもって、自分の人生を大切にすることで道は拓けてくると私は思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました