投資にはリスクがある。手数料という無駄なリスクは最も避けるべきリスクである。

お金

ビジネス+ITの記事より。

なぜ日本は「老後2000万円必要」バカであふれかえっているのか
「老後2000万円問題」を受け、いま多くの中高年層が貯蓄を増やさなければという焦燥感に駆られており、それにかこつけて、さまざまなハウツー本やサービスが世に出回っている。しかし、著書『続・定年バカ』を上梓した評論家の勢古 浩爾氏は「充実した定年後や、楽しい定年後、豊かな定年後を送らないのは、定年後にあらず」とプレッシャー...

『なぜ日本は「老後2000万円必要」バカであふれかえっているのか』という過激なタイトルと、冒頭の内容を見た時に、私は老後のお金に囚われすぎて人生を楽しめていないとか、そんなに不安になる必要はないという類いの記事なのかなと思っていましたが、どうやらそうではなさそうですし、共感できる部分がたくさんありました。

詳しくは記事をご覧いただきたいのですが、そもそも年金2000万円問題が取り上げられる前に、年金だけでは足りないことはすでに分かっていたことであり、それまでにも退職後は4000万円必要とか色々問題になってきていたではないかということ。
そして年金2000万円問題が取り上げられたことで、慌てて銀行窓口に行き、投資信託を始めてみたりすることが問題であるというような内容でした。

つまり、今までの意識が低かったこと、そして慌てて専門家などの意見を鵜呑みにして投資を始めることが問題であるということです。

私個人的には投資を推奨しますが、投資とは全て自己責任であり、もし損したとしても、相談した専門家が悪いわけでもなく、銀行が悪いわけでもなく、証券会社が悪いわけでもありません。
それらの意見を取り入れて自己責任で行うものです。

投資には間違いなく知識と準備が必要です。

それを、老後の問題が浮き彫りになって、なんの勉強も調査も準備もせずにとりあえず勧められたままに投資するというのは自殺行為です。

ある著書では、あなたが銀行に相談事をしに行く必要はありませんと述べられています。

銀行では色々な投資を勧めていたり、相談に乗ってくれる人が居ますが、それらは全て、あなたの将来のために親身に相談に乗ってくれているわけではなく、銀行の利益のためです。

こう考えてほしいのですが、銀行はなぜそのように相談に乗って、あなたに投資を始めさせようとするのでしょうか?
それはあなたに投資を始めさせることで銀行が儲かるからです。
その相談役や営業マンの人件費を払っても、まだ余りある利益を手に入れることが出来るからです。

そしてその銀行に入る利益は誰が支払っているかと言うと、他の誰でもないあなたなのです。

銀行の目的はあなたから得る手数料です。

こう考えると、銀行がお勧めしてくる投資とはどんなものか、想像がつくことでしょう。

それは、あなたに利益を生み出すための投資を勧めてくるのではなく、銀行が利益を得られる投資を勧めてくる、つまり手数料の高い投資を勧めてくるわけです。

投資の利益の得かたには大きく2種類あり、安く買って高く売ることで得られるキャピタルゲインと、持ち続けることで得られる配当や家賃収入など、継続的に得られるインカムゲインの2種類があります。
これが基本です。
この基本を考えた場合、安く買うことが大前提になり、また継続的に利益を生む必要があります。
そこに高い手数料がついてくるのであれば、どちらの場合も大きなネックとなります。

せっかく安く買えたとしても、そこに高い手数料がついたのであれば、大きなマイナスからのスタートです。
そしてもし年間5%の手数料が必要になるのであれば、収益率が5%以上必要になってくるわけです。

どちらもマイナスからのスタートとなるわけです。
これでは投資で収益を得られる可能性は非常に低くなってしまうわけです。

だからこそ、銀行をはじめとするその他専門家の意見を鵜呑みにし、そこに大きな手数料を払って投資することは危険だということです。

投資とは、やはり自分自身で勉強し、自分自身で判断し、自己責任で始める必要があります。

こういうと、そんなこと言ったって、投資について分からないのだから専門家の意見を聞く、あるいは任せるしかないじゃないかと言われそうですが、その状態であれば私は投資すべきではないと思っています。

投資自体は推奨しますし、投資なしで労働収入だけで長い人生を乗り切ろうとすると非常に厳しいとさえ思っています。
しかし、だからこそ他人に頼らず、自分自身で勉強し、投資と向き合っていく必要があると思っています。

分からないから、難しいからという理由で高い手数料を払い続けていては投資で収入を得ることは難しいと言えます。

スタート地点で大きく負債を背負ってるわけですから、プラスにするためにはよほど高い収益率が必要になるからです。
スタートの時点で負けているわけです。

しかも自分の利益のためにスタートしたはずの投資が、銀行やその他機関の利益に貢献しているわけですから、これほど無駄なことはありません。

お金を増やすために行動することは非常に素晴らしいことだとは思いますが、投資はリスクがあるという大前提を思い出していただき、自分のお金を守ることも大切だということも考えて投資をしていただきたいと個人的には思います。

その意味で、手数料というものは非常にもったいないものですし、ましてやあなたの利益のためではなく、自分や自分の会社の利益のために勧められる投資物を鵜呑みにして投資に踏み出すのは非常に危険だと言えるでしょう。

全部が全部そうだとは言いませんが、金融の仕組みや、なぜ銀行や営業マンがそのように投資を勧めてくるかという理由を考えれば、勧められるままに投資することは危険だということが分かると思います。

どんなに親身になってあなたの相談に乗ってくれたとしても所詮は他人事。
あなたの資産を守るのも増やすのも、やはり他でもないあなたしかいないというわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました