褒めるのが上手い人の特徴とは。上手い褒め方と下手な褒め方を解説。

スポンサーリンク
ビジネス

「やってみせ、言ってきかせて、させてみて、ほめてやらねば人は動かじ」
という山本五十六の名言にもあるように、人を褒めるということはとても大切なことだと思う。
褒められると誰でも嬉しいし、褒められただけでその人に好感を持つことも多い。
それほど、褒めるという行為は人間関係を構築する上でとても重要な行為だと思う。

けれど、褒めるのが苦手だという人も多い。
無理に褒めるとわざとらしくなったりするし、褒められる側もわざとらしく褒められると不快に思うこともある。
「お世辞」というものがまさにそれであり、お世辞を言う方も言われる方もなんとなく気持ち悪くなる。

褒めることは人間関係を構築する上でとても大切だけれど、下手に褒めれば、何か裏があるんじゃないかとか、操られているという風に捉えられ、逆にその人間関係を崩すことにもなりかねない。
つまり、人を上手に褒められるかどうかで、人間関係の構築が左右されると言っても過言ではない。

スポンサーリンク

褒め上手な人の特徴

人を褒めるのが上手い人もいれば、前述のように苦手だという人もいる。
褒めるのが苦手な人には、照れくさいとか、嘘っぽくなってしまうというように、色々理由はあると思うので、褒めるのが苦手な人の原因はこれだと断定することは出来ない。
けれど、少なくとも褒め上手な人に共通することは、自分に自信があるということ、あるいは他人に左右されない信念を持っていること。
これがなければ、本当の意味で他人を褒めることは出来ない。

相手のいいところを見つけようと思ったら、他人に左右されない自信や信念が必要になる。
それがあるから、他人のいいところを素直に認めることが出来る。
けれどそれがなければ、どうしても他人のいいところよりも悪いところに目を向けてしまう。
残念ながら、自信のない人間は自分よりも優位に立たれたくないと考えてしまう節がある。
だから褒め上手な人には必ず何らかの自信や信念がある。
仮にその人がのし上がっていっても、いい意味で自分には関係ないという考え方を持っている。
そうでなければ、せいぜいお世辞という偽りの褒め方しか出来ない。

上手い褒め方

前述したように、人を上手に褒めるためには、まず自信や信念を持っている必要がある。

そうでなければ、他人のいいところを素直に認めることは出来ず、本心ではない上辺だけのお世辞になってしまい、相手にもそれが伝わってしまう。

下記に上手い褒め方を紹介するけれど、それは自信や信念を持っていて、他人のいいところを素直に認められる人格を持っていることを前提としていると考えてほしい。

具体的に褒める

人を褒める上で大切なことは、その人が何を褒められているのか具体的に分かるように褒めること。
相手がどこを褒められているのかが分からなければ、お世辞だと捉えられやすい。

「〇〇課長って何でも出来てすごいですよね」
「やっぱり〇〇さんなら出来ると思っていたんですよ。」

など、まるでゴマすりまくりの太鼓持ちが言いそうな言葉だと、相手は喜ぶどころか不快感を持つこともある。
そうならないように、相手の実績や尊敬できるところ具体的に褒めることが大切になってくる。

「〇〇課長ほど教育熱心で部下のことを大切にしてくれる人はいないです。」
「〇〇さんの分析力なら、今回も成功すると思っていたんですよ。」

という風に、具体的に何を褒められているか分かると、相手に伝わりやすい。

そして具体的に相手のことを褒めようと思うと、当然だけれど相手の褒めるべき部分を具体的に知る必要がある。
ここでも、他人のいいところを素直に認める人格が必要であることがよくわかると思う。

個人的な感情を交えて褒める

「皆あなたのことが好き」よりも、「私はあなたのことが好き」の方が、どちらが嬉しいかは別として、その人に対しては好感を持ちやすいと思う。
だから個人的な感情を交えて褒めることはとても重要になる。

個人的な感情表現として、「私は好き」「信じている」「尊敬します」「見習います」「素敵」「綺麗」などがあるので、「私はあなたの能力を信じている」「〇〇先輩の考え方、とても素敵です!見習います!」というような褒め方が出来ると思う。

このような褒め方が出来れば、褒められた側はあなたのことを、他の人とはちょっと違う目で見てくれるようになることが多い。
いい意味で、一目置いてもらえる存在となれる。

第三者の意見を交えて褒める

時には自分の意見だけでなく、第三者の意見を交えて褒めることも有効になる。

例えば、褒められているポイントとなる長所に本人が気づいていない場合や、なんとなく嘘っぽく思われているときなんかは、「この間〇〇さんも同じように言ってたよ」「結構みんな言ってるよ?」など、私だけではなく周りの人も同じ意見だよと伝えることで、信ぴょう性や説得力が出やすくなる。

もし相手が自分の長所に気づいていない場合は、このように第三者の意見を交えてあげることで、信ぴょう性が増し、自分の長所に気づくことが出来、自信を持つことにも繋がる。

下手な褒め方

嘘をつく、大げさ

人を褒めるときに絶対にやってはいけないのが嘘をついたり大げさにしたりすること。
そのように褒められても、相手はすぐに違和感を持ち、その嘘に気づくことが多い。
なぜなら、自分のことは自分がよく分かっているものだから、そんな長所は持ち合わせていなかったり、そんなに褒められることではないということは本人が一番よく分かっているから。

そのように褒められると、何か裏があるんじゃないかとか、私を操ろうとしているんじゃないかと感じ、余計に信用を落とすことになる。

そしてそのように褒める人は、大抵本当に何か裏がある。
騙そうとしているとかではないにしても、褒めることで何らかの対価を得ようとしていることが多い。
残念ながら、そのような人を信頼する人は少ない。

他人と比較する

比較するということは、片一方は優れていて、片一方は劣っているという構図になる。
本人にそのつもりがなくても、比較とはそういうものだから仕方がない。
だから、比較して褒めるということは、目の前の人を褒めているつもりでも、必ずもう一方の人をけなしていることになる。

そして人をけなす人は信用されない。
褒められている側も、自分がいない時は自分のことを悪くいっているのではないか、という印象を持ってしまう。
このような褒め方をしてしまうと、逆に信用を落とすことになる。

上から目線

この上から目線という項目は一番注意しなければならないと思う。
そもそも人を褒めるという行為は、人を評価するという行為でもあり、基本的に上から目線になりやすい。
だから、部下が上司を褒めるという構図は少なく、場合によっては失礼にあたることもある。
自分ではそんなつもりはなくても、気づかないうちに上から目線になっているということはよくあると思う。

上から目線にならないためには評価しているように見せないこと。
つまり、人を評価するときに使うようなワードは出来るだけ使わないこと。

「凄い」「良い」「偉い」「さすが」「よくやってくれた」など、このようなワードは完全に主観で相手を評価しているワードとなる。
目上の人から目下の人へ使う場合はまだいいのかもしれないけれど、それでも出来るだけ使わない方がいい。

相手を褒めるときは、あくまで尊敬の気持ちが必要となるので、『個人的な感情を交えて褒める』の項目で記載したように、「尊敬します」「見習います」というワードを選択した方がいい。
同じことを褒めたとしても、伝え方によって相手の受け取り方は大きく変わる。

まとめ

褒めるという行為は人間関係を構築する上でとても重要な行為だけれど、一歩間違えれば簡単に信頼を失う行為でもある。

まず相手を褒めるときはそれが本心であることと、心から尊敬の気持ちを持っている必要がある。
その土台があってこそ、今回紹介したような色々なテクニックが有効になってくる。
テクニックだけでは、最初は上手くいったとしても、いずれその人の二面性がバレてしまう。

まずは自信と信念を持ち、他人のいいところを素直に認めることが出来る人格を持つことが何よりも大切だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました