何気ない悪口がどれほどあなた自身に不利益を与えるか。

自己啓発

あなたは何気なく人の悪口を言ったりはしていないでしょうか。
もし言ってしまっているのであれば、その何気ない悪口がどれほどあなた自身に不利益を与えているかを考えてみてほしいと思います。

まず、その悪口は人伝えに本人に聞かれてしまう可能性があります。

そして本人に聞かれなかったとしても、一番身近でその悪口を聞いている人が居ます。
それはあなたの悪口を聞いている周りの人たちです。

仮にあなたと一緒になってある人物の悪口を言い合っていて、盛り上がっていたとしても、決して周りの人はあなたにいい印象を持ちません。

その人たちはあなたにいい印象を持つどころか、私が居ないときはこういう風に悪口を言う人なんだろうなと感じるわけです。

逆の立場になって想像してもらえれば分かりやすいでしょう。

いつも人の悪口ばかり言っている人に、あなたは心を開いて話すことが出来るでしょうか。
もしその人の機嫌を損ねたり、共感を得られなかったら、自分も何か言われるかもしれないという考えを持ってしまうことはないでしょうか。

また、
「あなただから特別に言うけどここだけの話・・・」
などと言う話をする人に、あなたは何かを打ち明けることは出来るでしょうか。

つまり、悪口を言えば言うほどあなたの信頼は下がっていくわけです。

たとえ普段どんなに一生懸命真面目に勤勉であっても、その何気ない悪口で信頼を得るどころか信頼を下げてしまいかねないわけです。

そしてさらに、誰かに対して、もしくは何かに対して意見を述べたとして、それがいくら真っ当な意見であったとしても、それらの意見は受け入れられにくくなります。
なぜなら、悪口を言う普段のあなたの態度を見ていると、意見や主張、理論うんぬんよりも、感情的に否定していると受け取られやすくなっているからです。
そして実際にそのような場合が多いように感じます。

悪口を言う人は大抵、否定から入り、いくら真っ当な意見であっても、その前に感情が入ってしまっているばかりに、愚痴に聞こえ(実際に愚痴であることが多い)、意見として認めてもらいにくいことが多々あります。

人はその時のあなたの意見よりも、普段のあなたの言動によって、信頼するかしないかを決定するものです。

信頼と言うのはそれほど大きなものです。

あなたの大切な信頼を、何気ない悪口と言う小さなもので失ってしまってはいけません。
これだけでも悪口を言うことでの不利益は大きいと言えるでしょう。

そして悪口を聞いているのは周りの人だけではありません。
よく言われることですが、自分自身の耳が聞いているわけです。

一度そのように否定的な感情になってしまうと、自分の裏の姿が随所に出てきてしまうものです。

そのようになってしまうと、トリガーが外れた銃のように、いつでも悪口と言う弾は発射されてしまいます。
油断をしたときについつい何気なく悪口を言ってしまうわけです。

その習性、習慣こそが何よりも怖く、裏の姿であったはずが、いつしか表の自分をも飲み込んでしまい、気づけばよく悪口を言う人間に変貌してしまう可能性があるわけです。

世の中には三度の飯より悪口が好きな人がいて、その理由を理解できない人は多いでしょう。
周りも不快になるし、何が楽しいのかが分からない。

恐らく、今悪口が大好きな人たちも、以前はこのように考えていたはずです。

しかしそういう人が生まれてしまうのは、前述したように、自らトリガーを引いてしまったばかりに、裏の姿と表の姿が一体となってしまったことが原因である可能性は極めて高いと言えるでしょう。

そして最後に、このような人に信頼が生まれるかと言うとあり得ないわけです。

ただの何気ない悪口。
その場限りの場をしらけさせないための悪口。

そのスタートは色々あるでしょうが、
何気ない悪口が人生そのものさえもを狂わせてしまう可能性があるということは理解してお金蹴ればならないと思うわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました