山本五十六の名言。やってみせ、言って聞かせてさせてみて、ほめてやらねば人は動かじ。

名言

やってみせ、
言って聞かせてさせてみて、
ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、
耳を傾け承認し、
任せてやらねば、人は育たず。

やっている、
姿を感謝で見守って、
信頼せねば、人は実らず。

- 山本五十六 -
(大日本帝国海軍の軍人、第26、27代連合艦隊司令長官。海軍大将。)

ビジネスの世界では有名すぎる山本五十六の名言です。

結論から言うと、口先や小手先だけで人を育てることは出来ないということです。

仕事をしていく中で、ある程度の役職に就くとプレイヤーとして自分が成績を上げるより、部署なり店舗なりチームなり、それら全体の業績を上げることが求められてきます。
その時に必要となるのが、人を育てること。
だから、いつしか上司というものは人を育てることに注力をするものです。

しかし、人を育てるということはそんなに簡単なことではありません。
ましてや、自分の都合で人を育てようなんてことはおこがましいことであると知らなければなりません。

いくら自分人を育てようとしても、本人にその気が無ければ人を育てることは出来ません。
これは、部下を育てる上司、子供を育てる親ならよく分かると思います。

こんなに親身になって教えてやってるのに、あいつは全く人の言う事を聞こうとしない。
そのような言葉はよく飛び交っています。

しかし、問題はその人が言う事を聞かないことではなく、その人が言う事を聞く体制になっていないことです。

人が育つときは、その人自身がこのような人間になりたい、このような仕事が出来るようになりたい、あの人のようになりたいと思った時だけなのです。
このことは、自分のことに置き換えてみるとよくわかると思います。

どれだけ偉い社長の意見であっても、どれだけ稼ぎが多い人の意見であっても、自分自身がその人を尊敬していなければ、その人のようになりたいとは思わないですし、その人の意見を本当の意味で聞くこともないはずです。
その時は言う事を聞くかもしれませんが、本質的にはその意見を取り入れることはないわけです。
なぜなら、その人のようになりたい、その人の意見が正しいと思っていないからです。

これが、何度言っても分からない部下や子供のからくりです。
本質的に、教わる人の事を認めていないということです。

そんな状態で、いくら正しそうなことを言っても無駄であるわけです。
口先や小手先だけのテクニックでは、人は育ちません。
だからこそ、今日の山本五十六の言葉のように、まずは自分がお手本となってやってみせること、そして褒めてあげること、耳を傾けてあげること、任せてやること、感謝すること、信頼することが大切になってきます。

この山本五十六の言葉は、私個人的には人を育てるための名言というよりも、その前段階である、尊敬される人物、信頼される人物になるための名言であり、教育する人の耳をこちらに向けるための名言だと思います。

今の世の中を見れば、これと真逆の状況であることがよく分かります。

会社や上司は部下のやる気を出させるように必死になったり、おだて上げたり、媚を売ったり、もてはやしたり、大事に大事に育てたりします。
会社をあげて、離職率が上がらないように色々な取り組みをしたりもします。
そのようにして、部下を育てると言いつつも、いつも顔色をうかがい、部下の行動を必死に見守り、部下に振り回されているわけです。

また、子供を育てる親も同様で、子供の機嫌を損ねないようにしたり、大事に大事に育ててやる気を失わないようにしたり、危険な目に合わさないようにたくさんの制限をかけたりして、子供には素敵な人生を送ってほしいと思いながらも、常に子供を監視ししているわけです。

しかしどちらも、部下や子供を常に追い掛け回すような教育になっているという事です。

もちろん、それらは大切なことであり、必要なことでもあります。

しかし上手くやっている上司や親は、常に部下や子供の方が後ろを追い掛け回しているものです。
その違いは、やはりその人自身が尊敬するに値する人かどうかなのです。

どれだけ立派なことを言っても、何回言い聞かせたところで、その人の事を認めていなければ人は言う事を聞きません。
いくらこちら側からドアをノックしようが、カギをこじ開けようが、その人が表に出てくることはありません。
ドアの内側にいる本人が、自ら表に出てくるまでは、それらの行動は全く意味をなさないということです。

簡単なことではありませんが、自分本位ではいけません。
教育や指導であっても、常に相手がいること、相手を尊重することが大切になってくるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました