人生の出来事それ自体には良いことも悪いこともない。自分の心構え次第で良いことにも悪いことにも変えることが出来る。

哲学

悪いことが起きませんように、良いことが起きますように。
私たちは人生の中でよくこのように考えがちです。

もちろん誰もが、出来れば良いことばかり起きてほしいし、悪いことには遭遇したくないものでしょう。
しかし現実は、良いことだけが起こることは無いですし、悪いことだけが起こることもありません。

人生は良いことも起きれば悪いことも起きるものです。

このことをどのように受け取るかによって、運が回ってくる素敵な人生を歩むことが出来るのか、運が回ってこず、思うような人生を歩むことが出来ないのかの差が生まれるのだと私は考えます。

運というものは確かにあると思います。
しかしそれは、環境に身を任せて祈るものではなく、自分で掴みに行くものであると言えます。

つまり、起こる現象をどのような心構えで捉えるかの差で、運の回ってくる人生になるのか、回ってこない人生になるのかが決まってくるということです。

良いことも起これば悪いことも起こるということは、人生では当然の事であり、そして長い人生で起こる良いことも悪いことも、後に振り返ってみればたいしたことはない物であり、それら全ての経験があなたの人生を形成しているわけです。

言い換えてみれば、一時的に見れば良いこと、悪いことがあるように見えますが、人生全体で考えてみれば、良いことも悪いこともないと言い換えることも出来ます。

例えば、あなたの人生はこれまで、一般的に最悪だと言われるほどの人生だったとしましょう。

幼いころに両親が離婚し、母親に女手一つで育て貰っていたとしましょう。
女性一人で子供を育てるのは大変ですから、親と遊んでもらう時間もなく、生活もぎりぎりで貧乏だったとしましょう。
周りの友達はおもちゃを買ってもらっているのに、あなたは食べていくこともぎりぎりの生活。
そのうち母親も過労で倒れ、収入が途絶え、借金で生活し、さらに貧困してきます。
あなたが社会人になったころには、体調の優れない母親と、莫大な借金だけが残ります。
あなたはその借金を返していくために働き続けなければなりません。

というような人生だったとすれば、一般的に最悪と言われるかもしれません。
確かに辛い人生であることは間違いありません。

しかし、そのように普通の人が経験しないことを経験出来たおかげで、絶対に貧乏から脱出する、必ず稼ぐ人間になる、母親を幸せにする、というような決意が芽生え、あなたは人並み以上に稼ぐ能力を身につけるかもしれません。

お金を貯めるという生易しいものではなく、借金と言う絶対に返さなければいけないお金を稼ぐ必要が出てくれば、普通の人よりもハングリーに働くことでしょう。

そしてその借金を完済するほど稼ぐことが出来たのであれば、あなたは普通の人よりも間違いなく稼げる人間になっています。

そのようになってから、昔を振り返ると、あの経験があったから私はこうなれたと思えるわけです。

そしてそれは事実なのです。

これが、何の不自由なく、それなりに裕福に生活出来ていれば、一般の人と同じ稼ぎで終わっていたかもしれません。

富豪になった人の中には、昔は極貧生活を送っていたという人も多くいると聞きます。
これはまさに過去の経験から絶対に金持ちになると決意したことによって富豪になったと言えるでしょう。

また、人生は3つのTのうち一つでも経験したら躍進すると聞いたことがあります。
3つのTとは、逮捕、倒産、大病です。
それら3つのうち1つでも経験すれば、確かに岐路に立ち、人生を深く考え直すことは間違いないでしょう。
その経験によって、人生が大きく変わると言われています。
3つのT、どれも経験したくはないことですが、その経験から人生を躍進的に変えることが出来るわけです。

3つのTほどではなくても、一時的には悪いことと思えるような出来事だったけど、その経験があったからこそ今の私が形成されている、という経験は誰でもしたことがあるでしょう。

あの時辛い思いをしたからこそとか、あの時の失恋の経験がとか、あの不運を経験したからこそとか。

つまり、人は皆、良いことも悪いことも経験するものです。

しかしそれに対して、良いことだけが起きるように願い、出来るだけ悪いことは起きないようにとビクビクしながら人生を送るのと、良いことも悪いこともなく、全ては人生の経験だと受け止める心構えを持った人とでは、運の回ってきかたが違うということです。

運とは自分の心構え、行動で掴みに行くものであり、良いことが起きますようにとか、悪いことが起きませんようにとか祈るものではないということです。

もし、今人生が上手くいっていないとか、運が回ってきていないとか思う人が居れば、それは今、あなたがジャンプするために深くしゃがみこんでいる状況だと捉えればいいわけです。

ジャンプする準備さえしっかりしていれば、悪い状況でさえも飛び上がるためのパワーに変えることが出来ます。

人生、良いこともあれば悪いこともある。

そして長い目で見れば、出来事それ自体には良いことも悪いこともなく、どのような心構えでどのように向き合うかで良い出来事になるのか悪い出来事になるのかが変わり、運の回ってきかたが変わってくるということを忘れなければ、恐れることも不安になることも、嘆くことも不平不満をいうこともないということに気づくことが出来るのではないでしょうか。

全ては出来事をどうとらえるかという自分の心構え次第であるということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました