国や政府に頼ってはいけない理由は税金の使い道に問題があるからである。

お金

最近話題になった年金2000万円問題の影響で、このままではいけないと感じる人が多くなったり、国や政府には頼ってはいけないし、頼れないと思い始めた人も多いように感じます。
私もこのブログでそのことについては何度も述べています。

自分の身は自分で守ること、これは生きていく中で当然で必須の事であり、このことの必要さはさらに急加速していくことだと私は確信しています。

本当にそうなってしまってからでは時すでに遅しになってしまいますので、今のうちから自分で資産を作ることをおすすめしています。

とは言え、まだ実感が無いという方に向けて、なぜ私がこのように思うかという根拠をお伝えしたと思います。

それは、徴収した税金の使い道に問題があるからです。

使い道に問題があると言っても、政府の判断に問題があるという意味ではありません。
しかし、体制に問題があることは間違いありません。

ご存知の方も多いと思いますが、国の予算は基本的に単年度主義によって決定されます。

単年度主義を簡単に説明すると、年度ごとに編成される予算の中で支出を賄うべきであり、今年度の支出を翌年度の予算や過去の予算で賄うべきではないという考え方です。

つまり、今年の予算は来年に回しても来年は使えないということです。

そうなるとどういうことが起きるか想像できますでしょうか。

例えば、あなたのお金に有効期限がつけられたならどうするでしょうか。
恐らく100人中100人同じ回答だと思いますが、ご想像の通りです。

つまり、政府は与えられた予算を年内に使おうと必死になるわけです。

さらに言えば、あらゆる省庁はその規模を拡大させることが良しとされ、存在感と大切さが評価されるわけです。
つまり、その規模を拡大させた人が評価され、縮小させた人の評価は下がるわけです。

そうなれば、予算はあるに越したことが無いわけです。

そして予算を仮に年度内に使いきれなかった場合、ここにはそんなに予算は要らないと判断され、予算を減らされる仕組みになっています。

だからみんな予算を使い切ろうと躍起になるわけです。
年度末に道路工事などがやたらに多くなるのはこの影響です。
また、カラ出張などという言葉もよく耳にしますし、細かいところで言えば、年度末にやたらと備品を購入するところもあると聞きます。

全ては予算を減らされでもしたらたまらないからです。
しかし、私たちからすると一生懸命働いて収めた税金をこのように使われてしまうとたまらないわけです。

しかしこれが現実です。

家庭や会社ではいかに支出を減らすかが重要で、会社では支出を抑えることが出来た人が評価されるものですが、政府は違います。

この体制に問題があるというわけです。

この体制のまま運用を続けたとすると、借金はあるのに貯金はしないという状況のまま国を運営していくことになります。

つまり、今から回復していく可能性は非常に低いわけです。

そして隙あらば、消費税を増税したり、年金制度を変えてみたり、あらゆる形で予算を形成しようとしているわけです。

この体制で借金が減る方がおかしいというわけです。
私たちが払っても払っても、それらの規模が拡大するだけで、国に余裕が出来るわけではないのです。

と、まぁ少し極端だったかもしれません。
もちろん国も色々考えて予算を振り分けてはいるでしょうし、財源を貯蓄させてもいると思います。
しかし、この体制である以上は、使い切ろうとする動きが無くならないのも事実でしょう。

私はこれら国の体制を否定するつもりはありませんし、私なんかよりももっと賢い人たちが決定したことで、私たちが知らないところで色々な動きがあるとも思っています。

しかし、このような事実を知っておき、自分の身は自分で守らなければいけないという危機感を持ってほしいと思っています。

私も含め、国には頼らず、自分自身で不況も乗り越えられる力と資産を築いていくべきだと確信しているわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました